徒然なるままに №737 マスゴミ

 

テレビ・新聞がオワコンと言われ出して久しいですが、あいも変わらず大手マスメディアが全スルーしている、みどりのおばさん疑惑。

 

 

今に始まった事ではありませんが、大本営発表を垂れ流したり、旧・Jニーズやパンデミック条約関連等、海外メディアが盛んに報じていてもほぼ全スルーだったりと、相も変らぬ偏向仕草のオンパレード。

 

 

そんな彼等をマスゴミと揶揄して何が悪い!

 

 

 

 

この方、大王製紙創業家3代目・前会長というより、『カジノで106億円溶かした男』の方が有名かもしれないですね。

 

 

アンチも結構いるようだけど、あのABさんを支持していたことを除けば、大筋で同意できることが多いな。

 

 

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №735 色々あるけど^^

 

頭の中で考えている事は、若かった頃とさほど変わっていません。

 

 

今や還暦の爺さん街道まっしぐらなんですが、実際はそんなもんだろうなと思うわけです。

 

 

仕事や家族、自分自身や愛しい人の健康や残りの人生のことなど、若かった頃とは違った問題が頭の中で結構な割合を占めているのは確かですが、そうした課題は浮かんでは消え、消えては浮かびを繰り返しています。

 

 

しかし、普段の頭の中はどうでもいいことばかりだったりするわけです。

 

 

アレが食べたい、どこそこへ行ってみたい、あれが欲しい、チョメチョメがしたい等、煩悩ばかりです。

 

 

オネエサマにモテたいとか好感を持たれたいという感情も、未だ消えてはいません。

 

 

外出時にパリっとしたスーツを着たり、なんちゃってイケオジを気取ったり、ピカピカに磨かれた靴を履くのも、モテたい願望が根っこにあるからでしょう。

 

 

若かった頃となんら変わっていません。

 

 

(もともと中身がスカスカなので、ファッションという鎧を纏ってごまかしてきたのですが、加齢とともに益々ファッションに頼らなくてはならなくなったようなwwwww)

 

 

まぁ、いづれにしてもエロ煩悩でパンパンです。

 

 

幸い、青少年うんちゃら条例に引っかかるようなお嬢ちゃん達には煩悩アンテナは全く反応しませんので、警察のお世話になるような事はなさそうです。

 

 

やはり人生の酸いも甘いも知り尽くした、成熟したお姉さま方がいいですねwwwww

 

 

しかし、そんなことでいいでしょうか?

 

 

若かったころ、50代・60代のオトナたちはもっと渋く生きているものだと思っていましたが、今になって思えばそれは幻想にすぎなかったのでは?と思うのです。

 

 

(それは、オマエだけだろ!というツッコミはご遠慮ください)

 

 

ただ、さすがに体力や〇力ともに徐々に厳しくなってきており、あわよくば〇〇を実践したりするのにもやたらバカ高い壁が立ちはだかっている気がしますね。

 

 

まぁ、実践する機会に恵まれなくとも、ときめいたりハンターを気取っているうちは、若々しさを維持できるのかもしれません。

 

 

しかし、恐ろしいというか怖いのは、ゲスなエロ煩悩がいつになったら消えてなくなってくれるんだろうということです。

 

 

今はまだギリギリ、ダンディーぶったオジサマという鎧を纏って現役バリバリですという行動をとっていられますが、この先10年後20年後も消えていなかったらそれはそれで厄介です。

 

 

「おじいちゃん」というカテゴリーはもう目の前です。

 

 

ですから、そこそこ適当な時期にゲスな煩悩が治まってくれないと、生きていること自体が辛くなりそうな予感がするわけですよ。

 

 

 

「若かったころ出来ていたことが思うように(俊敏に)出来なくなった」

 

 

「数年前まではなんとも思わなかったけれど」

 

 

「昨日までは何も問題なかったのに」

 

 

等々

 

 

身体的な衰えは日々確実に進行しているわけで。

 

 

世の中の不条理に憤慨する事もそれこそ星の数ほどありますが、それらも含めたあらゆる現実を受け入れつつ、自分に素直にそしてできる範囲で無理なく楽しんでいきたいとおもうわけです。

 

 

 

ということで、今日も一日張り切っていきまっしょ!!

 

 

 

血潮
(2013年)
吉井和哉

 

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №733 周回遅れ⁉

 

サスティナブル

 

オルタナティブ

 

SDGs

 

メタバース

 

エビデンス

 

リテラシー

 

ブラッシュアップ

 

ダイバーシティ

 

アバター

 

スパチャ

 

パラドックス

 

ブロックチェーン

 

アンバサダー

 

 

皆さん、正しく説明できますか?

 

 

私?

 

 

なんとなぁ~くわかっっちゃいるけど、普段の会話でスムーズには出てきませんし、正確にわかりやすく説明はできないなぁ。

 

 

「そんなことも知らないの?」と思われるかもしれませんが、知ったかぶるより、恥ずかしがらずに聞いたり、自分で調べた方がいいよね。

 

 

 

時代遅れの恋心
(1982年)
山下久美子

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №732 食べさせたがり

 

教えたがりや語りたがり等はジジババ世代の悪いクセだと思います。

 

 

望まれてもいないのにやたらとゴルフのスイングを指導したり、自分の成功体験なんかを披露したがる人を見かけますが、余りスマートとは言えないですよね。

 

 

でも、その気持ちはちょっぴり理解できるんですよ。

 

 

自分がウマいと思うものをやたらと食べさせたくなる『食べさせたがり』だから^^

 

 

これってある意味、教えたがり、語りたがりと似たようなものかもしれません。

 

 

ただ、甥っ子や姪っ子に、コレウマいぞと言って勧めてみるのですが、好みに合わなかったりしてイマイチ反応が良くない時は、少々残念な気持ちになる事もあります。

 

 

ですが、かれこれ10程前に甥っ子の就職祝いに、閉店した『中洲ちんや』へ行った時のことです。

 

 

「こんな美味しいすき焼きは初めて」と言いながらパクパクモグモグする姿は微笑ましかったですし、いっぱしの叔父さんを気取れてとても嬉しかったですね。

 

 

また、姪っ子が昭和レトロなカフェ巡りをしていると聞き、純喫茶 フラミンゴを紹介したところ、早速友人と出向いてくれたようです。

 

 

 

 

 

 

電話やメール等で直接やり取りをする事等ほぼ無い姪っ子から、感激した旨のお礼のメールをもらった時には、思わずにやけてしまいました。

 

 

「叔父さんはいろいろとウマいものに詳しいんだぜ!」等といった自慢モードではなく、ただただ単純に嬉しいんですよね。

 

 

また、お気に入りのお店やスウィーツ等を紹介すべく、知人・友人に手土産を持参する機会がありますが、社交辞令ではなく本気で喜ばれたり感激されたりするとめちゃくちゃ嬉しくなっちゃんうんですよ。

 

 

もしかしたらそういった感激のおかげで、私の存在がその人達の記憶に長く残るかもしれません。

 

 

だとしたら、子供のいない私にとっては生きてきた証を残したことになるのかな?なんておもったりwwwww

 

 

 

 

うどんや蕎麦にラーメンだって、知らない人には教えたくなるんです。

 

 

こちらは福岡市中央区大名にある、手打ち蕎麦やぶ金です。

 

 

 

福岡都市圏にある蕎麦の名店は幾つかありますが、最近リピートしている蕎麦屋です。

 

 

蕎麦のおいしさは勿論なのですが、是非味わってほしいのが『だし巻き』と『蕎麦湯』ですね。

 

 

 

 

それなりにグルメを自称する人も、これには感激すると思います。

 

 

先日知人と一緒に伺った際も、何度も「うまい、おいしい」と連呼されて、ウマいものは誰かとともに味わい、喜びを伝えていかないとダメだという思いを強く持ったのでした。

 

 

 

 

 

キザな役柄を演じても決して嫌味にならない、孤高の名優『田村正和』が亡くなって、もう3年。

 

 

早いな

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №730 なんでもかんでも

 

数年前【速読】がもてはやされたことがあったと思うのですが、「より早くより効率的に!」が何事に於いても、優先されるのはどうかとおもうんですよね。

 

 

巷に溢れかえる情報全てを網羅することなんて出来っこないですし、する必要もないでしょう。

 

 

何かと言えば生産性が取りざたされる昨今ですが、大切なのは量より質だと思うのです。これは情報だけに限った事ではありません。

 

 

また、なんでもかんでもハラスメントに分類したがるおバカな風潮が蔓延している昨今ですが、「まるハラ」なんてホント大丈夫か?と言いたいですね。

 

 

それから、あらゆるものに効率や時短を求めるのが若者のトレンドなので、オヤジ構文等と揶揄されるのが嫌で、やたら短縮してくるジジババも増えましたね。

 

因みに、オヤジ構文とは

 

 

「句読点を多用する」

 

 

「長文」

 

 

「汗や表情の絵文字を多用する」

 

 

等々

 

 

まんま、私の記事そのままですね^^

 

 

私は「それがどうした?」と思うのですが、若者におもねり近づこうとして、真似をしたほうが格好いい・おしゃれ・スマートと勘違いしているジジババが多いのも事実でしょう。

 

 

これって、若々しい気持ちでいることと若者のマネをすることは、全く次元が異なるという当たり前の認識が欠けていると思うのですが、どうでしょう?

 

 

 

 

 

先日訃報が伝えられたばかりの【エリック・カルメン】

 

 

『All by Myself 』とこの曲が収録されたソロファーストアルバムが、エリックとの出会いだったけど、A面ばっか繰り返し聴いてなぁ。

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №725 我慢は悪⁉

 

皆さん、「生きるって何?」という問いに、どう答えますか?

 

 

かなりの暴論だと思うのですが、生きるとか人生って突き詰めていけば、我慢する事だと思うのです。

 

 

という事は、生きる上でもっとも楽しい事は我慢しない事でしょう。

 

 

食い意地大魔王の私は、日々食べたいものだけを食べて生きていければ、人生バラ色なんだろうな等と勝手に結論づけてしまいます。

 

 

もう何年もボッチ生活なので、割と好き勝手な食生活を送っているとはいえ、健康に留意してあまり好きでもない野菜を食べたり、嫌いな酢の物も作って食べたりするわけです。

 

 

ただ、苦手な料理を食べるという事は、まさに我慢そのもの。

 

 

ですが、終着駅がぼんやり見え隠れするこの歳になって、我慢はできる限り避けたいと思うのです。

 

 

我慢はストレスの元、過度なストレスは健康に悪影響を及ぼすといわれていますし^^

 

 

即ち、苦手な料理を食する事は、これもまた健康に良くないという結論に至るわけでwww

 

 

といいつつも、最近減量カレーばかり食べていましたので、お口直しに?長年行きたいと思っていたスローフードを謳うお店へGO❕

 

 

ぬか床 千束

ランチ(魚)

 

ランチタイムは魚か肉どちらかを選ぶ定食です(限定20食)

 

 

私は漬物は苦手で、普段ほとんど口にしないのですが、綺麗に完食^^

 

 

テイクアウトしたぬか床炊き

 

 

そのままでも美味しいですが、要冷蔵商品なので少し温めたほうがよりおいしくいただけるとおもいます。

 

 

食事は、靴を脱いでやや急な階段を昇った2階(9席)です。

 

 

また、ランチは予約不可ですので、開店前には到着しておく事をお勧めします。

 

 

気になった方は是非足を運んでみてください。

 

 

 

さらば相棒
(1982年)
ARB

 

 

具無しケチャップパスタやインスタントラーメン、そしてパンの耳ばかり食べていたあの極貧ボンビー時代に、いつも側にいてくれたのはARBだったなぁ^^

 

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №723 オリーブオイル

 

胡麻油市場における価格カルテルの疑いで、国内大手4社に公取委の立ち入り検査が実施されたようです。

 

 

因みに贔屓にしている会社は対象外でした^^

 

 

こうなると、5月納品分より最大8割値上げと報道があったばかりのオリーブオイルも・・・と勘繰ってしまいますよね。

 

 

有権者や消費者に対して、お飾りで聞こえの言いスローガンを掲げながら、あちらもこちらも、自分たちの保身や私腹を肥やすことが第一義になっているのでしょうか?

 

 

そんななか最近の私は、オリーブオイルの消費量がとんでもないことに^^

 

 

頂き物の高級オリーブオイル(3本・約1,500ml)も、2ケ月足らずでほぼ使い切ってしまいした。

バルベーラ ロレンツォ

 

 

フシコス

 

 

そんなこんなで、今日は本邦における【オリーブの日】だそうです。

 

 

因みに世界的なオリーブの日は11月26日【世界オリーブの木の日】だそうですよ。

 

 

いまでこそオリーブオイル愛用者なので多少の知識は持ち合わせていますが、ドライ・マティーニなんて舐める事すらビビッてしまう下戸オヤジなので、若かりし頃オリーブと言われて思いつくのはこちらでした。

 

 

 

“El Bimbo”
邦題:オリーブの首飾り
(1975年)
ポール・モーリア

 

 

 

一度使ってみたいオリーブオイルが幾つかあるのですが、どなたか是非感想をお聞かせください^^

 

 

oil

セドリック・カサノヴァ

 

アイコノ

 

 

 

最後に、オリーブオイルあれこれをテーマに解説している動画を2本紹介しますね。

 

 

興味がある方はお時間がある時に視聴してみてください!

 

 

 

 

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №722 なんだかなぁ

 

あの大震災から13年の月日が流れましたが、復興計画未達が半数近くあるという報道がなされていましたし、年初に起きた能登半島地震に於いても、いまだ先行きが見えない状況であると報じられています。

 

 

そんな中、先月ウクライナ復興支援会議なるものが開催され、能登半島復興予算の何倍もの金額が動くようです。

 

 

対米追従やアメポチと揶揄されている本邦ですが、後は任せたぞとでも言われたんでしょうね。

 

 

外交の場ではあり得ないような、肩に手を回されて尻尾振って喜んでいたくらいですから。

 

バイデン米大統領、岸田首相に「異例の厚遇」 日本政府がアピール(毎日新聞)

 

 

支持率が低迷だとか最低を更新等とも言われていますが、いまだ2割近く支持層がいるという事のほうが驚きです。

 

 

あの経済団体や半島の反社集団等、きっと中抜き・メシウマの恩恵をたっぷり受けている方々が多くいらっしゃるのでしょうね。

 

 

知らんけど^^

 

 

 

 

アクセル・ローズも恰幅のいいおっさんになっちまったなぁwwwww

 

オヤジK

 

コメント (0)

徒然なるままに №719 人として

 

「真摯に受け止める」

 

 

増税メガネと揶揄されて久しいあのお方が頻繁に口にされますよね。

 

 

全く意味を理解されていないか、とりあえずこれ言っとけばなんとかなるというお気持ちか察しかねますが、ホント呆れてしまいます。

 

 

叱られた時、注意された時、いかに素直に受取って自分の中で消化し感謝の念を持つことが出来るのか?

 

 

そこに、人としてというか、人間力というものが、端的に表れると思うのです。

 

 

自分自身が学び教えられ見聞きしてきた経験値なんてものは、ほんのわずかな極々小さな世界観にすぎないわけで、自分の意見や考えと違うお叱りや注意やアドバイス等は素直に受けとるようにしたいものです。

 

 

決して、私は正しい、僕は間違っていない等と頑なになることなく、他責の念を排除し自責の習慣を忘れずに生きていきたいですね。

 

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」

 

 

うわべだけの繕ったものではなく、素直に心の底から思えるか。

 

 

決して忘れちゃいけない大事な事だと思うな^^

 

 

 

オヤジK

 

コメント (0)